OHANAは家族 | 『オハナは家族、家族はいつもそばにいる。何があっても。』キャバリアオハナと私たちのアロハな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ayu087 on  | 

2016年狂犬病ワクチン

またもや、お久しぶりーな、ブログ更新。

お注射 した時しか書いていないような。。。

しかも、春の狂犬病注射の時の覚書。ヒドイw


まぁいいや。記録用!!

fc2blog_20160819130758309.jpg

オハナさん、先月 無事に8歳のお誕生日を迎えました。
今年もワフさんのケーキ。←独り占め!!


さて、春の狂犬病ワクチン接種と半年に一度の健診のため病院へ行ったのは4ヶ月前の話し。。。

覚書
2016/4/19

■体重計測
→6.6kg
年々、飼い主共々 じわじわ増量中。
最近はさらに増えて6.8kg!!!
暑くて散歩どころでは無く、ごはん減らされ中。オヤツも極力無しの方向で。。。

■狂犬病ワクチン接種
→接種済プレート交付。

■フィラリア血液検査
→陰性。
今年からネクスガード スペクトラという新しいチュアブルタイプの予防薬を勧められた。
とりあえず試しに5月分の1個だけ購入。
5月に服用。問題無いので今年はこれで。

■ノミダニ予防薬処方
→新しいフィラリア予防薬ネクスガード スペクトラに、ノミダニ予防も入ってるので、とりあえず4月分だけフィラリアの予防効果の入ってないネクスガードを1個購入。
あぁややこしい。

■右前脚脇の脂肪腫
→年々少しずつ大きくなっている...が、今のところ問題無さそうとのこと。
要経過観察。

■心音聴診、心エコー(カラードプラ)検査
→去年10月の受診時から変化無し。微小な心雑&逆流。
心拡大、心肥大ともに無し。
僧帽弁閉鎖不全症のステージは変わらずB1。
...
が、
先生が何気なく診た胸の逆側。
右心房から右心室へ血液を運ぶ【三尖弁】にも微小な逆流がみられました。
エコーの画面を見ながら説明してもらいましたが少しの逆流が私にも確認できた。

これは僧帽弁の閉鎖不全の影響で引き起こされたようです。
次から次へと弁が壊れてゆく。。。

どちらにしても、まだ咳などの症状は無く、お薬もまだ必要ない程度です。



■その他
→背中のイボや、口内環境など気になる点を質問。
特にすぐ治療を必要とするものは無い。


以上。

fc2blog_20160819130552d27.jpg

オハナも8歳。

毎日一緒にいて近くで見ているので、少しぬけているおバカな性格とか、ビビリですぐに私の後ろに隠れる所とか、8年前うちにきた時と全然変わらないからいつまでもお子ちゃまだと思っていても やっぱり8歳。。。
犬にとってはシニアに片足踏み込んでるんだよね。

歳をとっていくと、ヒトもイヌも老いて衰える。
オハナの場合、心臓の弁膜症の進行やそれに伴う疾患など。
その他もろもろ、大きな悩みから小さな悩みまで数知れず。

自然な流れと受け入れようとは思うけれど、やっぱり1分1秒でも長く一緒に生きて行きたいからさ、、、
つい、完璧を求めてしまうね。

なんでオハナが!!!こんなに気をつけていたのにっ!!!って悲しくなってしまうことがたまにある。

オハナも悪く無いし、私も悪く無いし、誰も悪く無いんだ。きっと。

自然の流れを受け入れよう。

fc2blog_20160819130906864.jpg

でもやっぱり悪あがき??はさせてくれよー。
出来ることはぜーんぶやってオハナの笑顔を守るんだ!!



スポンサーサイト
Category : 病院
Posted by ayu087 on  | 0 comments 

2015年混合ワクチン

お久しぶりのブログこうしーん!!!

あれからいろいろあり、、、

IMG_2213.jpg



オハナも7歳になり、、、

IMG_1487.jpg

FullSizeRen.jpg

今日も元気に過ごしています♡

fc2blog_2015102518465193d.jpg


毎年10月は混合ワクチンの接種月♪

4月の狂犬病ワクチンの時以来病院にかかること無く元気に過ごしてきました。

半年ぶりの病院〜。


覚書
2015/10/21

■体重計測
→6.6kg(適正...いや、ちょいDEBU?)
秋冬は痩せがちなのでとりあえず様子見で。

■6種混合ワクチン接種
→いつも5種なのですが、どこかのメーカーのワクチンでリコールがあったとかで世の中に5種のワクチンが品薄状態らしく、いつもの+コロナウイルスの6種しか無いと。。。
特に問題無さそうなので接種。
その後、特に問題無し。

■フィラリア予防薬処方
→11月と12月の2ヶ月分

■ノミダニ予防薬処方
→11月と12月の2ヶ月分。

■右前脚脇の脂肪腫
→やはり少しずつ大きくなっている...が、今のところ問題無さそうとのこと。
要経過観察。

■心音聴診。
→今年4月の受診時から変化無し。微小な心雑&逆流。
僧帽弁閉鎖不全症のステージは変わらずB1。
ものすごく長い時間聴診してたのでドキドキでしたが、聴診器をあてる場所によっては聴こえないほどの微小な雑音らしい。

オハナ4歳のこの時期、ワクチン接種の時の受診時に初めて心雑音を指摘されてから早3年。
ほぼ進行も無く、なに不自由無く穏やかに生活することが出来ています。
このままなるべくゆっくりゆっくり...で、お願いしますよオハナの心臓さん!




オハナと穏やかに笑って過ごせる日々に感謝♡♡

IMG_2391.jpg

では、また!

Category : 病院
Posted by ayu087 on  | 0 comments 

2015年狂犬病ワクチン

病院の待合室にて。

fc2blog_201504081926338b3.jpg

病院に入った瞬間から帰りたがる。気を抜いたら入り口まで走り出す。困ったもんだ。



さて、オハナちん狂犬病のワクチンの接種。

今年から横浜市の畜犬登録、ちょっと変わって毎年ペラッとハガキが届いてたのが立派な封書が届きました。

fc2blog_20150408194336097.jpg

今までワクチン接種後、自分で保健所に登録しにいくか病院で代行を頼んで、後日 接種済みプレートが交付だったのが、横浜市の提携病院だと即日交付してもらえるようになったのです。

集団ワクチンみたいのは大幅に減ったらしい。←行ったこと無いからどんなのかわからないけど。




そんなこんなで、かかりつけに来院。

覚書
2015/4/7

■体重計測
→6.3kg(適正)
春夏はちょっと体重落としたいのでこれから少ししぼります。

■狂犬病ワクチン・登録
→接種済みプレート交付。

■フィラリア血液検査
→陰性
5月からの6ヶ月分処方。

■ノミダニ予防薬処方
→4月からの7ヶ月分。


fc2blog_20150408192656d82.jpg



■右前脚脇の脂肪腫
→少しずつ大きくなっているものの、問題無いとの事。
要経過観察。

■心音聴診・心エコー
→去年10月の受診時から変化無し。微小な心雑&逆流。
僧帽弁閉鎖不全症のステージは変わらずB1。
心エコーでは左心房と大動脈の大きさを計測してその比率が正常値内か診断。
オハナは僧帽弁閉鎖不全症と診断された時から、半年に一回この計測を行っています。
今の所その比率は変わらず心肥大は見受けられず。

今回の診察では、改めてお薬スタートのタイミングの相談。
多くの獣医さんはステージC(咳などの症状が出てくるステージ)で投薬の開始をする場合が多いそうだけど、キャバリアは症例も多く確実に進行するので、先生の考えだとステージB2でも心肥大が見受けられたら投薬開始した方がいいとの事。

とりあえずオハナはまだ大丈夫そうなので、半年後の検査まで今の状態を維持出来るようにがんばろう!うん。



fc2blog_20150408192720890.jpg

オハナも今年7歳。元気に楽しく一緒に過ごせるように…

のんびりまったりおいしい毎日を!!





Category : 病院
Posted by ayu087 on  | 0 comments 

オハナの歯石除去 無事終了しました!


アロハ!


本日、3月3日 ひなまつりの日 オハナ歯石除去の処置を無事終えました~。


午前中、処置前のカウンセリングで気になる点を細かい所まで全て先生にお伺いしてオハナを預けました。


そして、夕方 お迎え。

元気に飛びついてきてくれました~。


覚醒してから私たちが迎えに行くまで「オハナちゃんずっと“にゃおにゃお”おしゃべりしてましたよ~」と看護師さん。

にゃおにゃお てw


普段、そんなことあまり無いので相当寂しかったorご立腹だったらしい。ハハッ。


家に帰ってきたら放心状態。

image

疲れと、薬の影響か、ぽわったした表情。


朝ご飯抜きだったから腹ペコで力が出ないのかも(笑)

今は安心しきってぐぅぐぅ眠っています。








以下、今日の処置の記録。(口腔内のややグロい画像があります。お気をつけ下さい。)








前回の来院で、無麻酔無鎮静の歯石除去が困難と判断されたので今日は鎮静下での処置。


鎮静剤での処置は、全身麻酔のように完璧な非動化は望めないウトウトと眠ったような状態で、意識は完全には落とさない。
歯石除去の処置ぐらいだったら問題無く行えるけど、強い痛みなどで途中で起きちゃう子もいるらしい。でも、しばらくしたらまたウトウトするらしいので処置は最後まで行えるらしい。


鎮静剤のメリットは、処置後拮抗剤の注射で5分から10分ぐらいで歩けるぐらいまで覚醒する。
なので、すぐにお家に帰ることが出来る。



↓処置前↓

image

正直、パッと見 そんなに歯石は付いてない方だと思う。けど、どうなんだろう?

全体的に歯の表面にうっすらと、臼歯は少し着色もあるね。

しかしやっぱり歯肉の腫れがヒドい。。。



とにかく今回の最大の目的は、歯周病の改善!!!

無麻酔無鎮静では難しい歯と歯肉の間のポケットのお掃除を重点的にして頂きました。




↓処置後↓

image

きれいにして頂きました~。

ポケットの中の歯石も徹底的に除去して頂きましたよ!!


実は最近、くしゃみやいびきについて気になる点があったので歯と歯肉の溝の深さも測ってもらいました。
健康的な犬は、溝の深さは1mm以下。

オハナは2mm~3mmの部分はあるが、今のところ鼻腔内へ影響を及ぼすほどでは無いということで一安心。



image

前歯ちっさいねww!!

前歯に関しては、歯肉炎の影響で歯ぐきが退縮して少し動揺がみられる歯もあり。

犬的にはそんなに痛みを感じないらしいので今回は温存。





とにかく、これからのケアが大事!!

いまはまだ処置したばかりで歯肉が腫れているけどしばらくしたら腫れも落ち着いて歯肉が締まってくるとのこと。

もし、歯肉の腫れがひかないようであれば原因は歯石の付着による歯周病菌の仕業ではなく、免疫系の仕業の可能性もあるとのことなので、要経過観察。←ダックスはこの自己免疫疾患で歯周病がおこる好発種らしい。


一度、退縮してしまった歯肉は元には戻らないので前歯に関してはこれ以上進行させないようにブラッシングを強化!!

口内環境を良い状態に保つ為の方法も検討中です!!





はぁ~、とにかく無事に終わって良かった!

ご心配頂いたり、応援して頂いたりしたみなさまありがとうございました♡



今回、本当にいろいろ迷って考えたけど、結果オハナにとってこれがベストだったと思ってます。

ビビリで人見知り。
慣れていない方に急に触られたり、顔をグッと近づけられるのがとっても苦手。


そんなオハナは知らない場所に連れて行かれて、意識のしっかりした中で保定されて口を触られるのはきっと怖くて不安で仕方が無いはず。
しかもオハナの場合、歯周病が進行していたので痛みも大きかったと思います。
緊張や恐怖で心拍数が上がったりして、心臓への影響も心配だったし。

(実際、歯医者さんに無麻酔は難しいと判断されたので無麻酔の選択肢は限りなく無いに等しかったのですが…)


眠っている間に終わっていたのでストレス的にも少なく済んだと思います。
あっという間に目覚めてすぐにお家に帰れたしね!

鎮静剤の影響に耐えられる、この時期に処置できて良かった。


オハナの性格や症状をふまえて、鎮静下での処置を提案してくれた先生にも感謝です。



さて、3日後から歯磨き再開です!

オハナちゃんの歯を守り隊!(←私とせりちゃん)本気出します!!


image

ねむーーー。



$OHANAは家族
ヒバヒバ オハナ

〒145-0064 東京都大田区上池台2-14-4
TEL. 03-3728-6700
http://www.h-ohana.com/

Entry in the ranking!!
ランキングに参加しています!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
Mahalo for click!!
↑クリックお願いしまーす↑

Category : 病院
Posted by ayu087 on  | 0 comments  0 trackback

オハナの歯医者


アロハ。

昨日今日と定休日。

昨日はひたすらにパソコンに向かい写真の整理などをコツコツとこなし、

夕方から、近所のオイヌOK居酒屋でお友達とごはん。

image

カリンでつ。



image

写真撮って無いってゆう。。。食い散らかした写真のみ。シメの握り飯w






そして、今日はオハナの歯医者さんに行ってきました。

image

こんなにほげーーーっと眠っていたオハナですが、

病院に着いたら、、、

image

こんな顔にw「歯医者とかきいてないし(`×´)」




image

さて、歯医者のお話し。(覚え書き。長いです。文章ばっかりです。)

今日は、前から気になっていたオハナの口腔内検査。

かかりつけの病院では、年齢のわりには歯石は少ないので特に治療は不要と診断されていたのですが、オハナも今年7歳。
心臓のことも気になるし、一度専門医に診てもらいたいと思って受診しました。


カウンセリングと口腔内チェックの結果、やはり年齢のわりには歯石は少ないとのこと。
が、歯茎の腫れがかなり酷く、歯周病が進んでいるらしい。
そうなんです。オハナちんの歯茎真っ赤かで腫れています><


image

写真わかりづらいけど。。。

とにかく痛がって歯磨きするときめちゃくちゃ拒否る。


歯周ポケットに歯石が多く、普段の歯磨きではなかなか取れないらしい。。
グラグラしている歯も数本あるが抜歯するほどでは無いとのこと。
やはり、一度歯石除去して歯茎の状態を良くしてから歯のケアをしてあげるのがベストとの診断。



カウンセリングで「キャバちゃんはおとなしいし、オハナちゃんもたぶん無麻酔でも大丈夫でしょう!」という、先生のお言葉。。。

今日は、歯と歯茎の間のスケーリングをしてお薬を塗って炎症が少しおさまったらまた時間を空けてもう一度最終的にスケーリングして終了!

と、治療方針を決定。。。



では早速、一回目のスケーリングを!

「15分ほどお預かりします。」と、連れて行かれたオハナさん。





ん??5分で帰ってきたけど。。。


そうなんです。大暴れで、しまいには先生に噛み付く勢いだったらしい。。。
ほんっとスミマセン。。。


まさかの治療方針変更。。。


無麻酔での歯石除去は難しいので、麻酔を使う方法になりました。
(獣医さんの診察の結果、オハナの心雑の状態なら麻酔は問題無いとのこと。)

鎮静麻酔か全身麻酔を使って手術をしてもらうことになり、日程の予約はしてきました。。。

手術の日までに、歯茎の炎症を抑える抗生物質を処方してもらいました。
(一時的に炎症を抑えるだけなので、手術までの一時的な処置の為。)


が、まだ悩んでるんですよね。。。鎮静麻酔か全身麻酔か。。。

施術内容は同じなのですが、鎮静麻酔は意識があるウトウト眠いな~って状態で処置するらしい。
全身麻酔はぐっすり眠っている状態で口にチューブを入れて点滴しながらやる処置。

説明を聞いてそれぞれにメリット、デメリットがあって迷う。


先生的には覚醒が早い鎮静麻酔の方がいいかも?っとのことですが、
統計的に循環器に影響が大きいのは鎮静麻酔らしく。。。
う~ん。。。

今日、術前検査をやってもらって結果待ちなので結果が出るまでにはどっちにするか決めないと。。

経験者の方~どう思いますか~??



オハナにとって最良の方法を選ばねば。


image

お口の中ピッカピカになるんだーーー!!!



$OHANAは家族
ヒバヒバ オハナ

〒145-0064 東京都大田区上池台2-14-4
TEL. 03-3728-6700
http://www.h-ohana.com/

Entry in the ranking!!
ランキングに参加しています!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
Mahalo for click!!
↑クリックお願いしまーす↑

Category : 病院
Posted by ayu087 on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。